本学学生さんの水難事故について

2018年8月23日未明に静岡市駿河区の高松海岸で、水難事故により本学学生3人の尊い命が失われました。亡くなられた3人のご冥福をお祈りし、ご家族、関係者の皆さまに哀悼の意を表します。
現在は夏期休業中ですが学生相談室で相談することは可能です。下記の事項に当てはまる方、またそれ以外の相談もお気軽に学生相談室ご連絡ください。本学学生のことについてであれば保護者の方のご相談もお受けしています。また保健センターでの相談も受け付けています。

1)親しい人を亡くされた人
病気など経過が長い場合は周囲の人達も徐々に死を受けいれる準備をすることができますが、災害・事故などで突然に起こる死に対しては強いショック状態が起こることがあります。
眠れなかったり、イライラしたり、気持ちが落ち込んだり一時的に心理的・身体的な症状が現れることがあります。これらは大きな心理的なショックに対する正常な心の反応であり、ゆっくり休息を取ることでたいていは1ヶ月位のあいだにおさまってきます。
あまりにも落ち込みが激しくて日常生活に支障が出る場合や、誰かに話して気持ちを整理したいときは専門家に話してみることも有効です。

2)マスコミ等の取材、SNS等の記載で気持ちを傷つけられた人
マスコミ等の取材によって気持ちを乱されている方もおありかと思います。すでに警察を通じて報道各社への自粛要請は行っています。何かありましたら学生生活課までご連絡ください。気持ちの整理に学生相談室をご利用ください。
またインターネットには事故に関わる人についての心ないプライバシー侵害や中傷が行われることもあります。気持ちが動揺しているときは、インターネットを遠ざけたり適切な距離を取る必要があります。このようなこともご相談いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です