事故などで大切な方を亡くされた方に

 2017年5月4日奥穂高岳で亡くなられた学生さんのご冥福を祈り、ご家族、関係者の皆さまに哀悼の意を表します。

 病気など経過が長い場合は周囲の人達も徐々に死を受けいれる準備をすることができますが、災害・事故などで突然に起こる死に対しては強いショック状態が起こることがあります。
 眠れなかったり、イライラしたり、気持ちが落ち込んだり一時的に心理的・身体的な症状が現れることがあります。これらは大きな心理的なショックに対する正常な心の反応であり、ゆっくり休息を取ることでたいていは1ヶ月位のあいだにおさまってきます。
 あまりにも落ち込みが激しくて学生生活に支障が出る場合や、誰かに話して気持ちを整理したいときは専門家に話してみることも有効です。

 そのような場合は、お気軽に学生相談室、保健センターをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です